引っ越し1ヶ月前までにやること!転勤辞令(内示)が出たらまずはコレをやる!

引越やることリスト

自衛隊では転勤の約1か月前には正式な転勤辞令がでます。

そして引っ越しすることが決まったら、スグにやらなければいけないことがあります。

  • 引っ越し業者選び
  • 引っ越し日程の決定
 これを1か月前に行っていきます。
自衛官妻ケイコ
自衛官妻ケイコ

特に最優先すべきなのが

引っ越し業者選び」と「現在の住居の解約」です。

引っ越し1ヶ月前までにやることリスト

  1. 引っ越し業者選び
  2. 現在の住居の解約
  3. 新居の契約
  4. 引っ越し日程の決定
まず真っ先にやるべきなのは「引っ越し業者選び」です!

1 引っ越し業者選び

転勤の内示が出て、まず一番最初にやらなければいけないのは、引っ越し業者選びです。

「まだ新居も決まっていないのに大丈夫?」

と思うかもしれませんが、真っ先に引っ越し業者を探す理由は2つあります!

 

  • 業者選びは見積にとにかく時間がかかる!
  • 転勤シーズンは引っ越しが集中するので早めに予約しなければ業者が捕まらない

 

この2つの理由から、とにかくスグに引っ越し業者を探す必要があるのです。

特に3月の引っ越しシーズン時は、3月下旬頃に世間一般の引っ越しが集中します。

自分の希望日に引っ越しができるかどうかは、引っ越し業者を抑えることができるかどうかがカギになります。

同じ荷物を運んでもらうのに10万円の差が出ることも!?

そして実は、引っ越し業者によっては料金が全然違います。

まったく同じ荷物を運んでもらっても、業者によっては10万円近く料金に差がでることもあるんです。

自衛隊では引っ越し手当が出ますが、とはいっても満額ではありません。

支給される金額を超えた分は自腹になります。

ですので少しでも持ち出しを金額を抑えたいなら、複数の業者から見積もりを取って、各社ごとに料金を比較して決めましょう。

見積は無料で行ってくれる業者がほとんどですので、遠慮せずにドンドンお願いしてみましょう。
関連引っ越し見積もりは複数業者から取らないと絶対損する!?

2 現在の住居の解約手続き

引っ越しが決まったらもう一つ真っ先にやることがあります。

それが、今住んでる住居(&駐車場)を解約の手続きです。

賃貸マンション・アパートの場合は、契約の更新か解除かを決める更新月が1年~2年単位であります。

本来であればこの時期に契約解除を申し出るのがルールとなっています。

しかし、転勤などで突然引っ越しの必要が出た場合には、引っ越しの1ヶ月前までに管理会社または大家さんに連絡をすれば契約解除ができます。

もし連絡が遅れてしまうと、引っ越し翌月の家賃も支払わなければいけない可能性も出てくるので要注意です。

これは自衛隊官舎に住んでいる場合でも同様です。

ですので、引っ越し業者を決めて引っ越し日が決まったら、その1ヶ月前までには住居の契約解除の連絡をしましょう。

3 新居の下見・契約

自衛隊の転勤の場合、新居探しには2つのパターンがあります。

「官舎」か「賃貸」です。

官舎に入居する場合

官舎に入居したい場合は、現在の部隊の官舎係に希望を出せば、転勤先の官舎係に入居できるかどうかを確認してもらえます。

部屋番号は引っ越しギリギリまで決まらないことが多いのですが、とりあえず引っ越し先の住所・番地は確定します。

官舎へ入居する際の注意事項などはコチラからどうぞ

関連官舎に入居するさいの手続き・準備など(準備中)

賃貸に入居する場合

賃貸に入居をしたい場合は、出来る限り物件の内見(下見)をしたほうが良いです。

ネットでも物件はチェックすることができますし、問い合わせもスマホから簡単にできます。

「この日は新居探しのために新幹線で現地へいく!」

という日を1日~2日だけ決めて、その日のうちに新居と入居日を決めてしまいましょう。

ただし、新居探しのための交通費は自衛隊から支給されません。

交通費が勿体ないと思う方は、ネットの物件だけをみて博打覚悟で決めるのもアリです!

関連新居探しのコツ・損しない方法は?(準備中)

5引っ越し日程の決定

引っ越し見積もりの際に退去日を先に決めてしまえば、入居日もスムーズに決まります。

ですが、「新居が決まらないと退去日が決まらない!」という方もいるでしょう。

特に自衛隊官舎に入居を希望している方は、ギリギリまで官舎の空きがわからないことも多いです。

その為、入居日も退去日も決まらないと焦ってしまいます。

ですが、その状態でも引っ越し見積もりを取ることはできるので安心してください。

 

そして、賃貸に引っ越しをされる方は先に退去日を決めてしまいましょう。

引っ越し見積もりを取る際に「最安値」で運んでもらえる日を退去日にして決めてしまうと良いですよ。

その場合、新居探しの際は「即入居可能」の物件を選ぶと、退去日に合わせて入居日もスムーズに決めることができます。

引っ越し日程の決め方が分からない場合はコチラを参考にしてください。

関連引越し先・引越し日が未定でも見積もり予約は取れるの?(準備中)

正式な転勤内示が出たらスグにやるべき事

最後に、正式な内示が出て引っ越しが決まったらスグにやるべきことをまとめます。

  1. 引っ越し業者に見積もりを取ってもらう
  2. 現在住んでいる住居の解約手続き
  3. 新居探し&入居日決定
  4. 引っ越し日程の決定

初めての転勤の方も、こちらを読みながら1つ1つ進めていけば大丈夫ですよ!

次はコチラ引っ越し2週間前までにやることリスト

自衛官妻ケイコ
自衛官妻ケイコ

私が初めての引っ越しをした時、引っ越し料金は約27万円でした。

自衛隊提携の業者にお願いしたので「こんなもんかな?」と思っていたのですが…

別の自衛官妻のお友達に聞いてみると、なんと同じような距離で引っ越し料金は10万円代だったというのです!

なぜこんなにも差が出たのか聞いてみたんですけど…

ちゃんと一括見積やったの?同じ引越でも料金に差がでるのよ?

彼女は内示が出てスグに、【一括見積】で複数の業者から見積を取っていたそうです。

どこが1番安いのか一発でスグに分かるので、毎回最安値の引っ越し業者にお願いしているそうです。

私も試しに一括見積を取ってみたのですが「こんなに料金に差がでるの!?」とビックリしました。

 

一括見積のやり方はとても簡単。下記の4つの項目を入力するだけ。

  • 現住所の郵便番号
  • 引越し先の都道府県
  • 単身or家族
  • 荷物の種類

引越し先の住所が正確に決まっていなくてもOK!

番地・アパート名を入力しなくても

最短1分で一番安い引っ越し業者がわかります!

見積の最安値料金を別の業者に伝えると、さらに安くなることもあるわよ!

自衛官妻ケイコ
自衛官妻ケイコ

凄い!こうやって引っ越し代を安くしてるんだ!

自衛隊の引っ越し手当で賄えない分は自腹になってしまうので、引っ越し代は少しでも安くしたいですよね!

節約上手な自衛官妻になりたいなら、まずは見積を比較して最安値の引越し業者を選びましょう!

\引越料金が最大55%安くなる!/

 

 

自衛官妻ケイコ
自衛官妻ケイコ

でも、ちょっと気を付けて欲しいことが一つ。

一括見積をお願いすると、引っ越し業者各社から電話がたくさん来ます。

その分、値引き交渉もたくさん出来て、節約できる金額も大きくなるのですが…

電話でのやりとりが苦手だったり、断りの連絡が面倒な人もいますよね?

そんな場合は【ネット見積もりサービス】を使ってください。

コチラは電話対応無しで、各社の見積比較がネット上で見られるようになっています。

見積を比較して、最大3社にだけ訪問見積もりの予約を取る形になるので

「一気にあちこちの業者から電話がきてもうイヤー!」

という事態は避けられます。

  • 色んな引越業者と電話で話すのは嫌!
  • ネット上で見積比較と訪問見積もり予約を一度にしたい!

という人であれば、【ネット見積もりサービス】を使えば、安くてお得な引っ越し業者を見つけられますよ!

\【見積無料】節約上手な妻になれる!/

 

タイトルとURLをコピーしました