引っ越し当日(退去日・入居日)にやること

引越やることリスト

ついに引越し当日!

ちゃんと事前に準備しておけば、当日は引越し屋さんに荷物を運んでもらうだけです。

また、引っ越しの前日にはご近所への挨拶等を済ませておきましょう。

引っ越しの前日・当日までにやるべきことは次の4つです!

  1. 冷蔵庫・洗濯機の水抜き
  2. ご近所への挨拶
  3. 荷物の梱包・搬出
  4. ブレーカーを下す
バタバタと動き周りますが、やることは難しくないので頑張りましょう!

引越しの前日・当日までにやっておくことリスト

引越の前日までにやること

  • ご近所への挨拶
  • 冷蔵庫の水抜き
  • 洗濯機の水抜き
  • 荷物の梱包・仕分け

引越し当日(引っ越し前)にやることリスト

  • 荷物の搬出
  • 部屋の掃除
  • 電気のブレーカーを下す
  • 退室してカギをしめる

「今日は引越し屋さんに荷物を運んでもらうだけ!」という状況が一番望ましいのですが、実際には前日の夜中まで荷造りしてることがほとんどです(汗

引越し当日(入居時)にやることリスト

当日に新居へ入居できる場合は、引っ越し当日に下記の作業も必要になります。

入居日まで日にちが空く場合も、このような同様の作業が必要になります。

  • 新居の鍵を貰い部屋を開ける
  • 荷物の搬入・荷ほどき
  • ガス栓を開ける為の立ち合い
  • 電気のブレイカーを上げる
  • 近隣の人への挨拶
旧住所から新居までの移動で、引っ越し業者より遅くならないように注意しましょう。

引越し前日(1日前)の作業

冷蔵庫の水抜き

水抜きは時間がかかるので、運び出す直前ではなく1日前に電源を抜いておきましょう。

冷蔵庫の電源を抜いてしばらくすると、蒸発皿に水が溜まってくるので捨てるだけです。

蒸発皿の位置は、冷蔵庫の機種によって背面にあったり、下部にあったりとさまざまです

直前に電源を抜いてしまうと、溜まった水が運び出すときに漏れて床が大変なことになってしまいます。

洗濯機の水抜き
  1. 水道栓を閉じ、電源を入れ、フタを閉めてスタートボタンを押す
  2. しばらく経ったら電源を切り、給水ホースをはずす
  3. 再度電源を入れて、脱水ボタンを押す(一番短い時間でOK)
  4. 脱水が完了したら、フタを開けて、洗濯層内の水分をタオルで拭き取る
    ※洗剤ボックスが備わっている場合、洗剤も取り除いておく

ホースやアースなどはテープなどで一括りにしておくと運びやすいです。

 

ご近所への挨拶

特にお世話になっていない人でも「明日の〇時から引っ越しトラックが来るので、ご迷惑をかけしますがよろしくお願いします」と挨拶をしておきましょう。

その際はちょっとした粗品を持っていくと良いですよ。

詳細官舎での引っ越しの挨拶はどこまで?何を持っていけばいい?(※準備中)

 

手持ちで持っていく物の仕分け

引越し当日ギリギリまで使うものと、手持ちで持っていく物に分けて荷物を仕分けしておきましょう。

そうすれば引越し当日の梱包も慌てず行うことができます。

引っ越し当日の作業

業者による荷物の搬出

荷物の搬出は引越し屋さんに任せてOK!こちらで手伝う必要は特にありません。

気をつけたいのが、ベランダにある荷物や照明など搬出するのを忘れないこと。

また、自分たちで持っていく手荷物品は、間違って持っていかれないように1ヵ所にまとめて置いておきましょう。

関連引っ越し作業員に心づけは渡す?渡さない?(準備中)

 

部屋の掃除

ベッドやタンスなど大きな荷物を運び始めいてくと、荷物が少なくなって掃除をするスペースができてきます。

退去前に掃除をしておくと、退去費用で請求される金額に差がでることがあるので、キレイに掃除しておきましょう。

関連引越し退去前の掃除で敷金や退去費用が大きく変わる!?(準備中)

 

電気のブレイカーを下ろす

掃除を済ませて部屋から出る前に、一番最後にブレイカーを下ろしましょう。

ブレイカーが上がったままだと、少しではありますが引っ越し後も料金を取られてしまいます。

また、念のため水道の蛇口やガスの元栓もチェックをしておくと安心ですね。

 

最後に部屋のカギを締める

全て確認して、部屋にカギをかけたら、コチラでの引っ越し作業は終了です。あとは新住所に向かうだけです。

退去後のカギの取り扱いについては、管理会社や大家さんなどに事前に確認しておきましょう。

次はコチラ引越し後~14日以内にやること

タイトルとURLをコピーしました