引っ越し2~1週間前までにやること

引越やることリスト

引っ越しする日まで14日を切ったら、いよいよ役所での手続き開始です!

ぶっちゃけ役所の手続きが一番ハラハラするし心配ですよね。

一つでも忘れると前の居住地の役所とやり取りをしなければいけないので面倒です。

役所のような公的機関は、開いている時間も平日のみ・夕方までなどと限られているので、夫が演習や当直などで不在な場合は頑張って妻が手続きに行きましょう!

1つも漏れが無いように、しっかりと確認しながらやっていきましょう。

引越し1週間前までにやることリスト

  • 転出届け
  • 印鑑登録の手続き
  • 国民健康保険の資格喪失届
  • 子ども(児童)手当の受給事由消滅届の手続き
  • 保育園・幼稚園の転園手続き
  • 学校の転校手続き

上記の手続きはすべて役所へ直接訪問して行うことができます。

国民年金の住所変更、マイナンバーの住所変更は、引っ越し先の役所で手続きを行います。

引越し前の役所で必要な手続き

引越しの際は、引っ越し前と後で役所で必要な手続きがいくつかありますが、ここでは「引っ越し前」にやるべき役所の手続きについて説明します。

  1. 転出届
  2. 印鑑登録の手続き
  3. 国民健康保険の資格喪失届
  4. 子ども手当の受給事由消滅届の手続き
  5. 保育園・幼稚園の転園手続き

これらは全て役所(役場)に行って手続きを行います。

 

手続きに必要なものは、本人確認書類(免許書や保険証)と印鑑だけです。

(自営業・フリーランスなどで国民健康保険に加入している人は保険証も必須)

手続きに必要な書類は全て役所の方に揃っているので、渡された用紙に記入して提出するだけです。

 

手続き後に発行された各種書類は、引っ越し先で新に役場に提出する物もあります。

引越しのどさくさで無くさないように大事に手元に保管しておきましょう。

仕事の都合で平日に役所へ行けない場合は、郵送での手続きも可能な物もあります。

ですが、時間がかかる上にお金もかかるので、なるべくなら直接役者へ行って確実に手続きをしてもらいましょう。

 

役所に行って1回で全ての手続きを行えば、1時間~2時間程度で終わります。

 

詳細転出届(準備中)

詳細印鑑登録の手続き(準備中)

詳細国民健康保険の資格喪失届(準備中)

詳細子ども手当の受給事由消滅届の手続き(準備中)

詳細保育園・幼稚園の転園手続き(準備中)

同一市内間での引っ越しの手続きは?

例えば、結婚して同一市内の新居に引っ越したり、夫が単身赴任をして妻と子供は同一市内の実家へ…なんてこともあると思います。

そんな場合は転出ではなく「転居届」を提出することになります。

役所には次のものを持参していけばOK。

  • 印鑑
  • 国民健康保険証
  • 年金手帳
  • 本人確認資料(免許証など)

同一市内間での引っ越しの場合、転居届を出せば「国民健康保険」「国民年金」「印鑑登録」などの住所変更の手続きは全て自動的に行われます。

子どもの転校届け、転園手続き

学校の転校手続きは役所ではなく、直接学校へ行って行います。

家族帯同で転勤先へ引っ越す場合は、子どもたちの転校手続きも忘れてはいけません。

まずは引っ越しが決まった段階で、学校や園に報告しましょう。

直接学校に出向いて伝えたほうが、手続き等の説明を受けることができて良いですよ。

ただし、共働きで忙しい場合は、とりあえず電話やメールで連絡しておいても良いです。

転校に関する必要書類などは郵送でも送ってもらうこともできますので大丈夫です。

ただ、直接学校に伝えに行ったほうが、お世話になった先生方に挨拶をすることもできて一石二鳥です。

転校の手続きをすると学校から

  • 在学証明書
  • 教科書給与証明証

が発行されます。

この書類は新しい学校に入学するときに必要となるので、紛失しないように気を付けましょう。

特に引っ越しの際は荷物を紛失しやすいので、書類関係はできるだけ自分で運んだほうが良いですよ。

具体的な転園・転校手続き方法はこちら
関連小学校・中学校・高校の転校の流れ(準備中)

 

次はコチラ引っ越し3日前までにやることリスト

 

タイトルとURLをコピーしました