防大の制服姿での彼のとデートから1週間…。

防大生の外出マナー

 

この間、気づけば顔もみない、声を聞かない日常を送っていました。

土日のデートの予定の連絡もないから、きっと今週も忙しいんでしょう。



スポンサーリンク

恋愛も分刻み…防大生との連絡事情

空きコマに、防衛大学のある横須賀まで会いに行ってしまおうか…と考えたりしましたが

「土日のみ外出できる」と言っていたことを思い出して、またスマホを眺めました。

こんなにじっと待つ恋愛なんて、したことがありません。

でも、気づいたこともありました。

連絡がくる時間の大まかなパターン…。

「おはよう」のあとに、返事がくるのは昼、それの返事がくるのは18時過ぎ。

「おやすみ。」は22:30~23:00。

基本的に平日はこの繰り返しだということに気付きました。

「大学生」なのに部活合宿なみの防大生活

それから彼の休日に、久しさに会えることになりました。

ここまで一週間、たまっていた話したいことを喋り終えて、また別れの時間が近付いてきました。

そういえば、と、あの「連絡パターン」について聞いてみました。

「どうしていつも同じ時間帯に連絡してくるの?」

彼は暫く考え込んで、私の質問に納得した後、細かに説明してくれました。

「起床ラッパ、一斉喫食、部活終わりの時間ですね…。」

「……いっせいきっしょく…?」

「お昼ご飯は生徒全員で食べるんです。」

「え…全員で?」

学食は基本的に全員で食べるだろうけど…

「はい。一年生が配膳して、生徒約2000人で一気に…その時が時間あくので…」

連絡がない驚きより、生徒全員で食べる昼食という方に驚きました。

「で、授業が終わった夕方16時ごろから部活が始まって、18時頃に終わるので、入浴するまでの時間に…」

「部活二時間もするんですか…?」

「はい…毎日、土曜日も。」

彼はちょっと困ったような顔をしました。

「そして1920から清掃、2230に消灯、で、本来は駄目なんですが…こっそり連絡してました…」

22時30分過ぎの「おやすみなさい」は結構意味のあるものだったみたいです。

分刻みの防大生活

それにしても、大変だろう勉強に加えて行動管理もされているなんて。

  • 朝は6時起床
  • 点呼
  • 午前授業
  • 昼は全員でごはん
  • 午後授業
  • 夕方部活
  • お風呂
  • 夜ごはん
  • 清掃
  • また点呼
  • また自習時間
  • そして寝る

なんて、息がつまりそう…!

中学校とかの部活の合宿を思い出す生活ぶりです。

そんな彼の生活を知って、私は毎日電話したいとは言い出せずになりました。

「お疲れ様…」

私は優しく彼の肩を叩きました。

防衛大の夏休み!自由に旅行もできないなんて!