「彼氏がほしい…」という私の呟きから、紹介された未知の「防衛大生」。

ぼんやりとある「防衛大」イメージを凌駕する「防衛男子」について語っていきます。



スポンサーリンク

「防衛」男子との出会いのきっかけ

それはわたし、「小原台とお子」が大学一年生の夏でした。

田舎から上京してきたわたしは、ぼちぼち生活にも慣れ、それなりに楽しく過ごす中で…街中で見かけるカップル、カップル…

(楽しそうだなぁ)

(都会の恋愛は、なんだかキラキラして、大人の彼氏は何かあったらすぐかけつけてくれて、優しくリードしてくれて…)

そんな羨望がつのり、

「わたしも都会で楽しく恋がしたい!」

強くそう思うようになったのです。

防大生の友人(女性)から男性を紹介してもらう

思い立ったら即行動のわたしはある男性を紹介してもらいます。

紹介をしてくれたのは、防大に通う友人(女性)でした。

「じゃあ、同期紹介するよ!ちょうど彼女ほしがってたの!」

そうして防大生の男性を紹介して貰ったのです。

それが「楽しい恋」とかけはなれたものになると知らずに…。

LINEばかりの毎日

『はじめまして、防衛大学校二学年の“KA”です。

同期の○から紹介されて連絡してます。』

そんなLINEがきたのが一週間ほど前、

防衛大学…名前だけは何となく知ってはいました。

ですが実態がよく分からない防衛大生。

その大学生と私はLINEを交わしてます。が、、、、、

 

『おはようございます。暑いですね。今日もがんばります。』

 

紹介された男性からのLINEはいつもこんな調子でした。

わたしは、どう返信したら良いのか毎回悩んでいました。

お堅いが、これは、教授や、習い事の先生からではありません。

相手の学年は一つ上。つまり二十歳。

私より1つ年上の防衛大学生からのLINEです。

 

(なんか全然打ち解けてくれない…)

 

毎日LINEしてるのに

『おはようございます』

『おやすみなさい』

の繰り返しでした。時報か(笑)
たまに、忙しい学校生活が垣間見得る『部活』『訓練』が混じったりするだけ。

(全然私に興味がないのかな?)

紹介してくれた防衛大学に通う友達によると「彼女がほしい」はずなのに。

全然デートに誘ってこない…。

…そして、お堅い文章にはお堅く返すしかない…

わたしも、いつものLINEとは違う、チャット形式ではなく、まるで「メール」「手紙」みたいに返事をしていました

まさかのデートのお誘い

(この人は脈なしなんだろうな~)

とちょっと諦めムードになり…夏休みが終わってしまいました。

「彼氏がほしい!」と言っていた私の夏も終わったのです。

彼からの連絡も相変わらず朝と夜の「時報((笑))」だけです。

(同期の紹介だから、断れずにラインしてくれてるのかな~)

申し訳なさも持ち始めました。

そんな9月になんと…!

 

「おはようございます。

よかったら来週、ご飯でも食べに行きませんか?

 

えーーー!!!!

えーーーー!!!!!

 

彼からの衝撃のお誘いに私は、ただただスマホを凝視していました。

 

次回⇒防衛大学生とのデートはいかに!?