自衛隊婚活サイトランキング

自衛官と結婚したい!自衛官妻になりたい!
女性に人気の自衛隊婚活サービスをランキング化

詳細はこちら

【自衛隊官舎】家賃や入居条件、気になる結婚後の住居事情を現役自衛官妻が解説

自衛官の結婚生活
スポンサーリンク

image

自衛官と結婚後、自衛隊官舎へ入る人も多いのではないでしょうか。

自衛隊の官舎と言えば、家賃が安い、古いボロイ、人付き合いが面倒…などなど、メリット・デメリットが色々浮かんでくると思います。

しかし、結婚したからと言って必ずしも官舎に入居する必要はありません。

家賃補助を貰ってペット可の賃貸物件に住む夫婦もいますからね。

とはいえ、結婚したばかりの若い自衛官夫婦には安い官舎は魅力的。

転勤などの事情があり、どうしても官舎に住まなければならない人もいるでしょう。

というわけで今回は、現役自衛官妻の筆者が、自衛隊官舎のアレコレをお伝えしていこうと思います。

 

自衛官と結婚したら官舎?賃貸アパート?

営内居住を義務付けられていた自衛官が結婚し、営外許可が降りると多くの人が官舎やアパートから通勤します。

ほとんどの駐屯地や基地では徒歩圏内のところに官舎がある場合が多いですね。

官舎と言えば家賃が安く通勤も楽というメリットがあります。

しかし面倒な人付き合いも多く、最近の若い人たちは官舎を避けて賃貸アパートで結婚生活を送る人も多いですね。

あとはペットと一緒に住みたい為に、ペット可の賃貸物件を探して住む人もいます。

(官舎は基本的にペット不可です。熱帯魚系ならOKかもしれませんが…。)

官舎の家賃はそのまま給料天引きになりますが、民間の賃貸物件に住む場合は、自衛官の住居手当として家賃の半額(上限27,000円)が支給されます。

その結果、賃貸と官舎、家賃の負担額はあまり変わらないというケースもあります。

 

自衛隊の官舎に入居できる条件とは

自衛隊官舎は誰でもすぐに入居できるわけではありません。

まず、官舎の空きが無いと入居ができません。

陸海空で官舎の空事情は違ってくるかもしれませんが、地方の官舎は空があることの方が多いです。

その理由は、賃貸アパートの家賃が安いということ。

住居手当が支給されるので、官舎の家賃と変わりない負担額で自由きままに生活できるとあり、官舎を選ばない自衛官が多いためです。

しかし、都心部に近い官舎となるとアパートの家賃が高額になってしまい、官舎に入居しなければ生活できないというパターンもあります。

その為、家賃が高い地域の官舎は入居待ちが常にできているようです。

子供がいる世帯の方が優先的に入居が決まるといった例もありますが、こればっかりは官舎係の采配によります。

また、幹部自衛官の方が広くてきれいな官舎を割りあてられることもあるようです。

これは転勤が多い幹部自衛官に配慮したものとも考えられます。

 

 関連  自衛隊の妻に専業主婦が多い理由。給料より転勤の多さが原因?

 

官舎の家賃はどのくらい?

お金 photo

気になる官舎の家賃ですが、これは築年数や部屋の広さによりピンキリです。

例えば、地方の官舎で、築3年3LDKの官舎の家賃は駐車場込で33,000円ほどです。

築25年3LDKの官舎の場合は駐車場込で15,000円という所もあります。

これだけ聞くと「安くて広くてラッキー!」と思いますよね。

しかし、官舎に入居するとなると、月当番や役員、草刈や清掃当番など、色々と面倒事が多いです。

また、夫の上司も一緒に住むというパターンも多いので、自宅にいるときくらいは仕事の付き合いはしたくないという自衛官もいます。

 関連  自衛官と結婚するデメリットとは。定年、災害派遣、転勤…

 

平成30年からの官舎の家賃

私の手元に自衛隊の「SO you」という広報誌があります。

これは自衛隊の中の「曹友会」という組織が発行している自衛隊の情報誌です。

2018年の3月号に、現時点での官舎の詳細な家賃が記載されていましたので、抜粋してご紹介しますね。

 

区分 級地区分 時期 使用料
築年数
20年~25年 新築~5年未満
宿舎

(C規格)

都市部 1級地 28.4~

(現行)

43,539円 54,372円
30.4

(予測値)

52,868円 66,023円
4級地 28.4~

(現行)

22,494円 33,372円
30.4

(予測値)

27,314円 40,468円
地方部 その他 28.4~

(現行)

18,285円 32,085円
30.4

(予測値)

19,808円 34,758円

 

C規格って?

C規格ってのは、家族向けの官舎ってことだと思ってください。

(自衛隊には単身者用の狭い官舎もあります)

 

1級~4級、その他で家賃が違うのは?

1級とか4級とかその他というのは、人口が多い都市の番付みたいなものです。

1級だと練馬とか三宿とか。まあようするに都会ですよね。そういうとこの家賃は高いです。

地方部のその他になると、ほんとに田舎なんで家賃も安いです。

 

予測値って?

予測値というのは、「今後、官舎の家賃が値上がりするよ」というのを示した数字ですね。

実は自衛隊の官舎は数年前からジワリジワリと値上がりしてきています。

 

実は官舎代が無料になる場合もある

官舎が無料になる人というのは、ものすっごい離島に住んでたりした場合です。

むしろ自衛隊の方から「ここに住め」と命令されてるような場合ですね。

あとは、最近増えてきたのが「即応要員」っていうやつです。

これに該当すると官舎代が無料になります。

即応要員とは

何かあったときに1時間以内に駐屯地に駆けつけなければいけない人です。

例えば、災害だとか、国際情勢だとか、重大な問題が発生したとか…

そういうとき職場から呼び出しがかかったら1時間以内に出勤すること命じられた人ですね。

自衛隊の官舎というのは基本的には田舎に立てられていることが多いので、ちょっと買い物しようと街まで車で出かけても、片道30分とかかかります。

なので、あまり遠出はできない制限を請け負ってしまうんですよね。

これはGWや年末年始の帰省なんかも該当します。

なので、半分拘束状態になるために家賃が無料ということになります。

 

官舎の周辺には病院もまともに無いケースも多いので

小さな子供がいる家庭では不測の事態に備えて即応要員を拒否することもあります。

(ほら、子供が病院にいるときに呼び出しかかったら大変じゃないですか?)

 

官舎の設備、住み心地について

アパート photo

自衛隊の官舎の設備や住み心地ですが、これは本当にピンキリです。

築年数が5年以内のところだと、普通のマンションと設備は変わりません

住み心地は抜群です。ただし家賃は高め。

 

築40年以上の官舎になると、古い団地をイメージしてもらえると良いでしょう。

コンクリ壁、風呂釜は手回し式、カビ、虫、隙間風、立てつけのわるい扉。

もっと古いところだと、ベランダに洗濯置き場があります。

その代わり家賃は1万円以下の場合もあります。

 

新築と築20年の官舎に住んだ感想

筆者は新築官舎と築20年の官舎、二つを経験しています。

新築官舎は8階建てだったのでエレベーター付き。

風呂もボタン一つ押せば給湯完了。

今風のカウンターキッチンでした。

家賃は同じ地区に立つ古い官舎の約2倍でした。

 

築20年の官舎では5階建てでエレベーターなし。

風呂は蛇口をひねってお湯を出すタイプ。洗濯機は脱衣所の中。部屋の一部コンクリ壁。

カビや虫の被害が多く、虫嫌いの筆者は夏になると悲鳴を上げていました。

冬は隙間風のせいで乾燥が酷く、部屋干しでも一日あれば洗濯ものはカラっと乾きました。

ちょっと古めの民間アパートと同じくらいの設備でした。

築50年越えの官舎は続々取り壊しされている

日本のどこかには、築50年ものの官舎がいまだに残っている場合もあります。

そのほとんどは老朽化などに続々取り壊しされているのですが…。

筆者の知り合いの一人に、築50年ものの官舎に住んだことがある経験があるということなので話を聞いてみました。

まず、家賃は5000円だったということ。

広さは家族向けなので3DK。

換気扇・ガス給湯器は自前、コンクリ壁、風呂の床はコンクリ、洗濯機はベランダ。

クモ、ムカデがいつも出る。

官舎周辺の雑草が伸びるペースが速いので月1で住民総出の草刈り。

アツい、寒い、カビ。

…ということでした。

平成30年現在ではあまりこういった官舎は残っていないと思いますが、場合によっては古い官舎に住むことがあるかもしれないので覚えておいてください。

 

官舎に住む妻は階級がモノを言う?

官舎住まいで一番気になるのは、官舎の人間関係ではないでしょうか?

ネットでは「夫の階級は妻の階級、それが官舎」という書き込みを良く見ますよね?

それを見て「官舎って怖い…」と思った人も多いはず。

たしかに昭和の時代はそういった事もあったかもしれません。

しかし、実際に官舎に住んでいる人の話を聞けば、現在はそういったことは無いそうです。

稀に夫の階級でモノを言う奥さんがいたとしても、自衛官は転勤族ですから、いつかは居なくなります。

奥さんは奥さん、夫は夫と、切り離して生活している人がほとんどですから安心して下さい。

ただ、やはり官舎の住心地が悪く、一度は入居したものの賃貸アパートに引っ越す人もいることは事実です。

こればっかりは経験してみないと分からないですよね。

官舎暮らしも一度は体験してみると楽しい

若いうちは給料も少なく生活も厳しいので、しばらく官舎に入ってお金を貯めるのもオススメです。

官舎生活でお金をためて、ある程度の年齢(30代~40代)になったら、自宅を建てて官舎を出ていく人も多いです。

官舎生活のメリットは家賃もそうですが、なんといっても子供にすぐに友達ができることですね。

引っ越してきて1週間もたたないうちに、子供同士で外で遊ぶ姿を毎年目にします。

赤ちゃんを抱えたママさんも、近くの公園にいくと毎年同じような境遇のママさんと遭遇しますのでママ友づくりも簡単です。

自衛隊の官舎暮らしも一度くらい経験してみて損は無いと思いますよ。

 

自衛隊の結婚生活について

 関連  自衛官と結婚!妻が心得ておきたいことは…

 関連  自衛官は結婚できない!?上司の許可が無いと結婚できない理由とは

 関連  自衛隊の引越手当の金額はこれくらい。引越し距離で金額が変わってくる

 関連  自衛官の転勤事情、子供の転校について…。

 関連  自衛隊員と結婚後、共働きはできる?自衛官の妻の仕事あれこれ