幹部自衛官35歳の年収はどれくらい?1000万を超える?

自衛隊のお給料・手当
スポンサーリンク

幹部自衛官との結婚を考えている女性は、相手の収入がいくらなのか気になると思います。

 

  • 幹部だと普通と違うの?
  • 年収は?
  • 幹部自衛官の階級ってどんなものなんだろう?

 

真剣に将来を考えている相手ならなおさら気になってしまうものです。

今回は、幹部自衛官の年収や階級について説明していきましょう。

この記事を読めば、35歳くらいの幹部自衛官の年収がどれくらいなのか分かるようになりますよ。

スポンサーリンク

幹部自衛官の平均年収は階級によって変わってくる

自衛官には、「階級」というものがあるのをご存知でしょうか?

分かりやすく言うと、会社の役職のようなものですが民間企業と違うのは、入隊したての若者から定年するまで、ずっとついてまわるものということです。

 

今回のテーマである「幹部自衛官」は、「尉官以上の階級をもつ自衛官」を指します。

陸・空自衛隊の場合は、尉官以上で構成されますが、海上自衛隊だけは「准尉」も幹部に含まれます。

幹部自衛官にも階級があり、下から尉官・佐官・将補・将・幕僚長となります。

 

幹部自衛官の平均年収は?

幹部自衛官の平均年収は、およそ560万円〜680万円です。

ざっくりと計算しても、月収40万円以上、年2回のボーナスで100万円以上となります。

 

では、なぜこんなにも平均年収に幅があるのかというと、自衛官のお給料は階級と「俸給」によって変わるからなのです。

俸給とは、基本給のようなもので、悪いことをしなければ毎年上がっていくものです。

ちなみに基本給が記載された自衛官俸給表はネットで検索すると出てきますので、「階級+号俸」で付き合っている自衛官彼氏の大体の基本給を知ることができます。

 

 

基本給の他に、職種によっては手当がついたり、訓練内容にそった手当がついたり、実際に貰うお給料は予想よりも多くなる傾向があります。

 

幹部自衛官で35歳だと階級はどれくらい?

給料は「階級+号俸」で決まることを説明しましたね。

では、実際に結婚を強く意識しだす35歳前後の幹部自衛官の階級はどれくらいなのでしょうか?

 

一般的に、幹部自衛官になるには3つのパターンがあります。

【幹部自衛官になるパターン】

  • 防衛大学を卒業して幹部になるパターン
  • 一般の大学を卒業後、幹部候補生試験を経て幹部になるパターン
  • 曹階級から部内試験を突破して幹部になるパターン

 

幹部候補生となる年齢にもよりますが、一般的には大学を卒業してすぐに幹部になった人なら、35歳の頃には1尉〜3佐というところでしょうか。

部内幹部から幹部自衛官になった人だと、35歳の頃には3尉〜1尉が多いですね。

 

一概に言えない理由として、同じ年齢で幹部になっても、職種や勤務態度、仕事の出来で昇任スピードが違うからです。

35歳であれば、部下をまとめて上司からの指示も受けてと、中間管理職のような立ち位置であることが多いのもこの年齢。

なので、階級以上に仕事量が多く、多忙な日々を送っている人が多いようです。

 

ちなみに、一番早く佐官になれる年齢は30歳です。

 

最短で佐官になれる昇任の一例

参考までに最短で佐官になれる年齢と、その過程を紹介しておきます。

自衛隊の中では防大出身者が一番昇任スピードが速いので、防大出身者を例に説明します。

【例】防大を22歳で卒業したケースの場合

23歳:曹長に任官して「幹部候補生学校」を卒業。短期間の隊付き教育を受けて3尉へ。

26歳:職種に応じた教育校で「幹部初級課程」の教育後、部隊勤務を経て2尉へ。

29歳:勤務と職種に応じた教育を受け1尉へ。

※防大卒や一般大卒で幹部候補生学校に入校した人は、1尉まで横並びに同時昇進します。)

30歳:部隊勤務の経験や各種教育校・課程などの成績が優秀であれば3佐に昇進。

 

ただし、上記の昇進ケースはかなり優秀な自衛官でなければなりません。

1尉から3佐へ昇任するには早くて1年ですが、遅ければ10年以上かかる場合もあります。

 

 

というわけで、防大出身者や一般幹部候補生で入隊した35歳幹部自衛官であれば、平均して1尉~3佐あたりの階級になっていると思います。

 

手っ取り早く彼氏の階級を知る方法

自衛隊の難しい階級のことは分からないという人は、彼氏の制服姿や写真を見せてもらいましょう。

自衛官は襟のところに階級章がついてます。

この階級章は階級によって微妙に違うので、次の表に当てはめると、彼氏の現在の階級がわかりますよ。

 

関連幹部自衛官と結婚したい!幹部について知識を深めよう

 

幹部自衛官で年収1000万を超える階級は?


自衛官は国家公務員ですが、年収1000万円を超える人は本当に一握りです。

階級で言うと、1佐〜将補あたりでしょうか。

将・幕僚長ともなれば、年収はもっと多くなり、1500万円以上とも言われています。

しかし、この階級まで上り詰めることがいかに大変かというのは、自衛官の割合で見ても一目瞭然です。

例えば陸上自衛隊なら、約15万人の隊員のうち、陸将補になれるのは100人程度。

この数字だけみても、年収1000万円以上というのは狭き門とお分りですね。

 

しかし、3佐〜2佐であっても、職種手当やボーナスを合わせると年収700〜900万円になることもありますので、十分余裕ある生活をすることができます。

 

防大出身者や一般幹部候補生として入隊した人なら、35歳で3佐になっている人も少なくはないので、年収は仕事内容によっては700万くらいになっている人もいるでしょう。

 

海上自衛官は3割増しの給料が貰える!?

海上自衛官は出港の際に手当が給料の3割くらい付くと聞いたことがありませんか?

海上自衛隊の幹部自衛官なら、出港していれば年収1000万円に届くかも!?と思っているひともいるかもしれませんね。

【海上自衛隊の出港時の手当の一例】

航海手当:実際に任務を行った海域と階級に応じて出港した日数分つくもの。

乗組員手当:基本給の3割~4割りの手当がつくもの。艦船3割、潜水艦4割など。

航空手当:航空機のパイロットや乗組員に対する手当。階級における最低の号俸の6割が支給される。

 

佐官の年収は、平均年収.jpによると約528万円~960万円と言われています。

海上自衛隊で35歳3佐の場合、年収が仮に528万だとしましょう。

出港して手当がついたとすると、単純計算で年収に4割プラスしてみると約740万です。

 

35歳で年収1000万を超える幹部自衛官というのは、あまり現実的ではないようですね。

 

 

まとめ

自衛官は公務員ですから、長く勤めればその分お給料は上がっていきます。

階級も一定のところまでは年功序列的に昇任していきます。

とはいえ、35歳の幹部自衛官で年収が1000万円を超えるというのは、自衛隊の中で一番高給取りと言われる船乗りだったとしてもありえない金額です。

ただし、階級が上がって40歳以上になれば、各種手当などを含めて年収1000万円に届くこともあるかもしれません。

 

 

幹部自衛官と結婚するには?

幹部自衛官と結婚する方法

ちなみに、幹部自衛官と結婚したい!と思っている方は、自衛隊婚活パーティーにちまちま参加していても幹部自衛官とは出会えません。

年収も社会的地位も高い、安定した職業である幹部自衛官と婚活パーティーで出会おうとするなら、とてつもない時間とお金が無駄になります。

できるだけ短期間で、できればお金も時間もロスしたくない!というのであればコチラの記事で紹介している方法が一番効率的になります。

詳細 幹部自衛官と出会い結婚する方法。自衛官妻による婚活アドバイス

幹部自衛官と出会い結婚する方法。自衛官妻による婚活アドバイス
幹部自衛官と結婚するには、まず幹部自衛官と出会わなければなりませんよね? でも、ただでさえ自衛官は一般女性とは縁がない職業です。 その中から幹部自衛官を探し当てて、実際に出会い、そして結婚までつなげるのは至難の業。 ですが...

 

自衛隊のお給料・手当
スポンサーリンク

自衛隊婚活記事と広告

自衛官妻になろう!自衛隊婚活サービスランキング

自衛官と結婚・恋愛してみたい人にはピッタリのサービスをランキング形式で紹介しています!

自衛隊婚活パーティーのおすすめは?
無料で自衛官を紹介してもらえる方法も!?

現役自衛官妻もお勧めの厳選5つをご紹介します!

自衛官と結婚!自衛隊員との婚活辞典