【特集】自衛官彼氏へのクリスマスプレゼント選びのポイント

富士総合火力演習での待ち物・服装「雨天、炎天下」に賢く対応しよう

スポンサーリンク
自衛隊イベント

富士総合火力演習では持ち物や服装はどうしたらいいのか悩んでいませんか?

富士総合火力演習が行われる東富士演習場は、とにかく広く観覧席には日よけ・雨よけになる屋根などは一切ありません。

その年によって熱かったり、寒かったりしますし、雨の日だってあります。

 

ちなみに富士総合火力演習は雨天決行です。(視界不良や荒天時など安全が確保できない場合に限り中止)

自衛官妻ケイコ
筆者

2019年の8月18日の演習予行日は、途中でゲリラ豪雨になりました。

 

日焼け対策や熱中症対策、雨天時の対策など、天候によって必要なものが異なるので何をもって良いか悩みやすよね?

あまり荷物を増やしていくと大変だし、かといって減らし過ぎると何かあった時に不便だしな…どうしよ。

 

っていう人のために、富士総合火力演習に必要な

  • 絶対に持っていくべき物リスト
  • 当日の服装について

をお伝えしていきます。

 

この記事を見れば、総火演で持っていくべき物や最適な服装が分かりますよ!

 

 

スポンサーリンク

富士総合火力演習の持ち物で絶対必要な物リスト

まずは、絶対持って行ったほうがよいものリストです。

必須度が高い物から書いていきます。

下の方に書かれているアイテムは「あれば便利」というレベルです。

総火演での持ち物リスト

  • 当選ハガキ、入場チケット
  • 簡易座布団、折り畳みマット
  • レジャーシート
  • レインコート・ポンチョ
  • 飲み物、食べ物
  • 帽子
  • フェイスタオル
  • 日焼け止め
  • 上着・ラッシュガード
  • 双眼鏡&望遠レンズ・カメラ
  • うちわ
  • イヤーマフ、耳詮
  • 携帯バッテリー

 

では、一つずつなぜ必要なのか、どんなシーンで使うのかを説明していきます。

どれか一つでも忘れていくと、せっかくの総火演が残念な事になりかねません。

当選ハガキ、入場チケット

当然ですが、当日は当選ハガキ・チケットがないと演習場に入れません。

家を出る前、ホテルを出る前にチケットをちゃんと持ったかどうか再度確認してください。

また、駐車券付きチケットが当選された方は、駐車券を車のフロント部分に見えるようにおいておきましょう。

これがないと駐車場に入ることはできません。

簡易座布団

総火演では、シート席・スタンド席の2つの種類があります。

どちらも座り心地は快適とは言えません。

簡易式座布団、もしくは折り畳みマットが一枚あるだけでも、ずいぶん快適に演習をみることができますよ。

それに、一度席を離れてトイレに行ったりする場合は、座席に簡易式座布団を置いていけば「場所取りアイテム」としても使えます。

 

 

特に、スタンド席のイスは堅いプラスチックの板のみです。

炎天下のときはイスが熱くて座れなくなる場合もあります。

ですから、簡易式座布団は汚れ防止&やけど防止のためにも、絶対に持っていくべきです。

 

折りたためるタイプのミニマットなんかでもOKですよ!

シート席に座っていた人なんかは皆さんコレを使っていました↓

レジャーシート

レジャーシートはシート席の人は必須です。

特にシート席は土足OKなので、雨が降った後なんかはもうドロドロに汚れてます。

自分が座る場所や、荷物を置く場所は汚したくないという人は、レジャーシートを使いましょう。

ズボンのおしり部分が汚れてしまうと、帰りのバスや電車の中で恥ずかしい思いをすることになりますよ。

また、シートの下は砂利なので座り心地は良いとは言えません。

長時間その場で座って演習をみるのですから、簡易式座布団や折り畳みマットを併せて使うのがオススメです。

レインコート、ポンチョ

当時は雨だった!もしくは突然雨が降る!

そんな時に備えておきたいのがレインコートです!

※注意※

観覧中は傘・日傘の使用が禁止です。というわけでレインコートは必須です。

演習観覧中に限らず、シャトルバスやタクシーに並ぶときも、傘をさしていると前後の人に当たって危険です。

なるべくならレインコートを着て待ちましょうね。

特に土砂降りになるとタオルや帽子では防ぎようがありません。

下着までビショビショに濡れてしまうと、バスやタクシーに乗るときに困りますよ。

なので、レインコートは絶対に忘れずに用意してください。

飲み物、食べ物

会場内には軽食や飲み物などの販売があります。

お祭りのときの屋台のような感じだと思ってください。

朝早い時間は比較的空いていますが、休憩時間や演習終了後は大変混雑します。

並んでいる時間が長すぎて肝心の演習が見れなくなったら一大事です。

ですので、演習場で食事や飲みものは買えますが、なるべくなら事前にコンビニなどでパンやペットボトル飲料などを持参したほうが安心です。

 

ちなみに、帰りのシャトルバスは2時間待ちは当たり前です。

朝から昼まで何も飲まず食わずというのは危険ですよ。

熱中症対策としていつでも飲めるように、水やお茶などは最低でも2本は用意しておきましょう。

帽子

男性女性問わず、帽子は必須です。

というのも、会場内には屋根や日陰は一切ないからです。

もしも晴天だったら直射日光がもろに頭上にふりかかります。

熱中症になる可能性が大なので、絶対に帽子は持っていきましょう。

 

また、演習場内では車両やヘリが巻き上げた土埃や小石が頭上から飛んできます。

当たっても痛くはありませんが、髪の毛は埃っぽくなるし汗でドロドロになるので、帽子で防いだ方が快適に過ごせます。

 

その際は、あまりツバが広くないものが他の人の視界の妨げにならなくて良いですよ。

フェイスタオル

フェイスタオルがあれば、晴れた日に帽子ではカバーできない首や肩を覆うことができます。

つまり、日焼け対策ですね。

また、雨が降ればフェイスタオルで濡れた体をふくこともできます。

シャトルバスを待っている間に急に雨が降ってきた!っていう場合にも臨時的な雨よけとしても有効。

ただし、大きめのバスタオルだと荷物になってかさばるので、持っていくならフェイスタオルか子供用サイズのバスタオルがおススメです。

自衛隊グッズ 陸自迷彩 フェイスタオル
ブルーポート 楽天市場店
¥ 770(2019/10/19 20:59時点)

日焼け止め

演習場では、屋根も日陰もない場所で長時間炎天下の元にさらされます。

帽子とタオルで日光をガードしても、どうしても顔や手は日焼けしいやすいので、全身に日焼け止めを塗って対策しましょう。

「日焼け何て気にしない」という男性でも、顔や腕が日焼けで真っ赤になりヒリヒリと痛みを感じる人もいるので、日焼け止めは塗っていきましょう。

 

また、日焼け止めは汗をかいたら再度塗り直さないと効果を発揮しません。

炎天下だった場合、汗が滝のように流れ出ますので「絶対に日焼けしたくない!」という人はこまめに日焼け止めを塗ってくださいね。

※人混みの中になりますので、スプレータイプは迷惑がかかるのでオススメしません

 

上着・ラッシュガード(UVカットがあれば完璧)

演習場は山の中。山の中は天気が急変します。

熱いのに上着なんて…と思うかもしれませんが、急に気温が下がることもあります。

特に早朝から並んで来る人は要注意。

この季節、演習場のある御殿場の朝は半袖だと寒いです。

でも暑い中わざわざ上着を持ちあるくのは荷物になって面倒…という人は、UVカット効果のあるラッシュガードがオススメです。

寒さ対策、日差し対策の両方が1枚で出来て便利ですよ。

ラッシュガードは薄くて軽いので、持ち歩くのも楽でいいですよ~。

さらに腕などの日焼け防止にも役立つので、日焼けしたくない女性には必須アイテムと言えます!

双眼鏡&望遠レンズ・カメラ

富士総合火力演習はシート席、スタンド席どちらからも結構遠く見えます(笑)

戦車やトラックなどは目視できる範囲ですが、やっぱり小さいです。

特に写真撮影をしたい方はスマホではちょっと遠くて不満かもしれません。

迫力を味わいたい!何が行われているのかはっきり見たい!という方は望遠レンズ付きのカメラは必須です。

ただ、そんなにカメラ撮影にはこだわらないという方は、手のひらサイズの双眼鏡で十分ですよ。

 

富士総火演にちなんで、迷彩の双眼鏡を使うのも楽しいですね!

うちわ

晴天時の演習場内はとにかく熱いです。無風の場合は地獄です。

あと、シャトルバスを待っている間も超混雑しているので、人の熱気で熱いです。

うちわがあれば日よけ、熱さ対策両方に使えて便利です。

耳栓・イヤーマフ

耳栓やイヤーマフは人によりけりです。

思った以上に大きな音と振動ですので、音に弱い人は持っていると安心です。

また、カメラ撮影のためにいちいち耳をふさいでいられない人も耳栓は使うと便利です。

特に小さな子供連れの場合は、子供用にイヤーマフやヘッドホンを用意したほうが良いです。

子供はタイミングを合わせて耳をふさぐのが苦手です。

それに、車両に赤い旗が立っているときは、アナウンスの予告なしに砲撃が開始されたりします。

ビックリすると子供は泣きだしやすいので、少しでも音のボリュームを軽減させてあげると安心させられますよ。

 

モバイルバッテリー

スマホで総火演を撮影していたら、いつのまにかバッテリーが0に!

なんてこともあります。

帰りの電車やバスの時間を調べなきゃいけなかったり、連絡が取れなくなったりすると困りますよね?

他にも、総火演で撮影した写真や動画はその日のうちに、ツイッター、LINE、インスタにアップしたいですよね。

それなのにバッテリー残量がなくなって何も投稿できなくなると、せっかくの興奮も冷めてしまいます。

というわけで、スマホで撮影を考えている人はモバイルバッテリーもあると便利ですよ~。

スポンサーリンク

富士総合火力演習の服装はどんな物が最適?

富士総合火力演習に行くには、どんな服装が良いか悩みますよね?

動きやすい服装なら何でもOKですが、日焼け対策を考えれば長そで長ズボンが理想ですね。

 

演習場は山の中ですので、当日炎天下でも急な天候変化で寒くなる場合もあります。

暑いなか長袖なんか着ていられないという人は、薄手の上着を1枚持っておくだけで安心感が違いますよ。

着ないときは腰に巻いておけば荷物にもなりません。

靴は絶対にスニーカーや運動靴で!

また、シャトルバスを降りて演習場へ続く道は舗装されていないので、砂利や土があって歩きにくいです。

履きなれたスニーカー、運動靴で出かけることをおすすめします。

また、ただ歩いているだけでも意外と靴が汚れます。

汚れても後悔しない靴で行きましょう。

女性注意!総火演ではヒール・サンダルは避けよう!

女性の方はヒールのある靴は避けましょう。

総火演の演習場への道は、舗装されてないので非常に歩きにくいです。

砂利や小石まみれの道をある事になるので、ヒールやサンダルでは高確率で足を怪我します。

それに長時間並んだり人ごみの中を歩くことになるので、他人の足を踏んでしまってトラブルになる事は避けたいですよね。

夜間の演習を見る人は防寒対策を!

夜間の演習を観覧する人は必ず上着を持参しましょう。

御殿場の山の気温はとても寒いです。

夜7時頃の気温は15度くらいと肌寒い感じになります。

薄手の半袖とか、ノースリーブだと絶対後悔しますので、何か羽織るものがあれば快適ですよ。

スポンサーリンク

富士総合火力演習「急に雨が降った場合」の注意点

雨 photo

富士総合火力演習では雨天決行です。

視界不良や荒天時など安全が確保できない場合は中止となりますが、それ以外では雨が降ろうが何しようが続行。

土砂降りでビショビショになったら雨宿りもできず、終了まで席でひたすら耐えることになります。

 

スマホを持っている方は雨による水没に注意ですよ!

今はスマホ用の防水カバーも売られているので、そちらを用意しておくのも良いでしょう。

雨が降りそうな天気の時は着替え用意すると安心

演習場の天気って変わりやすいので、急に雨がふったり、止んだり、霧が出たり…を繰り返します。

もし雨が降ったらシート席は土足なので泥だらけになり、服も何もかもが汚れます。

というわけで、レインコートや雨具は必須なのですが、どうしても濡れてしまうこともあるでしょう。

もし駐車券を持っていたり、周辺のコインパーキングに車を停めて来ていたりするなら、車内に着替えの一式くらいは置いておくと安心できますよ。

スポンサーリンク

富士総合火力演習での待ち物・服装まとめ

せっかく当選したチケットですから、準備万端にして臨みたいですよね!

最後に、総火演で絶対に持っていくべき物をもう一度紹介します。

  • 当選ハガキ、入場チケット
  • 簡易座布団、折り畳みマット
  • レジャーシート
  • レインコート・ポンチョ
  • 飲み物、食べ物
  • 帽子
  • フェイスタオル
  • 日焼け止め
  • 上着・ラッシュガード
  • 双眼鏡&望遠レンズ・カメラ
  • うちわ
  • イヤーマフ、耳詮
  • 携帯バッテリー

何を持っていくべきか分からないひとは、最低でも上から6個目までに記載したものは必ず持っていきましょう。

 

あまり荷物が増えすぎると移動するときに大変ですし、帰りはお土産なんかも増えてるでしょうから、必要最小限の荷物を持っていくのがベストです。

事前に天気予報を確認していくのがオススメ

前日に天気予報を見て雨が降りそうなら、雨対策を中心とした荷物にするとよいですね。

逆に天気予報で真夏日予報が出ていたら、日焼け対策、熱中症対策を中心とした荷物にするとよいです。

総火演が行われるのは静岡県の御殿場市なので、ヤフー天気予報で御殿場市の天気を確認しておいてください。

自衛官妻ケイコ
筆者

総火演を快適に見たい人は準備万端で臨んでくださいね!

以上、富士総合火力演習での持ち物リストについてでした!

 

 

自衛隊イベント
スポンサーリンク

自衛隊婚活記事と広告

自衛隊結婚辞典