自衛官との結婚で貯金はいくら必要?自衛官の平均貯金額はこれくらい。

自衛隊のお給料・手当
スポンサーリンク

自衛隊は貯金がしやすいと言われていますよね。

自衛官と結婚する時も貯金額はチェックしておいた方がよいでしょう。

給料は良いけど貯金が無い!…なんてことなら浪費家ということに…。

一般自衛官の平均貯金額と共に、結婚にはどれくらいの貯金が必要かをお話しします。

スポンサーリンク

自衛官との結婚で必要な貯金は300万円

さて、結婚となるとお金がかかりますが、結婚式・新婚旅行・新居の準備くらいであれば目安として300万円もあれば足りるでしょう。

一番お金がかかるのが結婚式ですが、工夫することで50万円で式を挙げることも可能です。

自衛隊の結婚式費用は300万以上?50万で出来る場合も!
自衛官の結婚式は大人数で盛大に行うイメージがありますよね。 中隊全員を招待する場合などは、100名以上の招待客になる場合もあります。 そこで気になるのは結婚式にかかる費用のこと。 大規模な結婚披露宴にはどのくらいの費用がか...

自衛官の結婚式と言えば、大人数に賑やかな余興というイメージがあると思いますが

大金を結婚式で使うより、貯金するという考えの人も増えています。

その結果、50万程度で結婚式をすませたというパターンもあるようですよ。

結婚を決意してから貯金したとしても、その気になれば月10万を貯金するのが可能なのが自衛官です。

彼女と結婚する為に、1年で200万も貯めた自衛官もいるようですよ。

自衛隊歴が長いのに貯金額が少ない…

そんな自衛官は浪費家か、もしくは借金を抱えている人が多いので要注意です。

自衛官が貯金をしやすい理由

自衛官が貯金をしやすいと言われるのには理由があります。

衣食住が保証されていて、営内暮らしであれば家賃もかかりません。

つまり、給料のほとんどを貯金できる環境にいるわけです。

これが可能となるのは、営外居住が義務付けられている曹士階級の自衛官です。

特に少年工科学校(現:高等工科学校)出身の自衛官は、学生時代の給料をほとんど貯金してる人が多いです。

幹部自衛官は実は貯金がし辛い

逆に幹部自衛官は営外居住となっていますから、家賃・食費など給料の中から捻出しなければなりません。

また、幹部自衛官は引っ越しもありますから、その度に持ち出し金があり、若いうちは貯金できないとも言われています。

幹部自衛官と結婚すると、どんな結婚生活になるのか

自衛官の平均貯金額は1000万って本当?

陸海空で自衛官の平均貯金額は大きく変わってきます。

というのも、海上自衛官で船乗りの場合は通常より約4割増しの給料をもらい、使う暇もありません。

また、航空自衛官でもパイロットなどであれば約5割増しの給料を貰える環境にいるからです。

一説によると自衛官の平均貯金額は1000万円ともいわれています。

しかし、これは定年間近の自衛官が平均値を押し上げているにしかすぎません。

未婚の若い20代一般自衛官であれば、貯金額はせいぜい300万~400万円と言ったところ。

30代の自衛官で未婚であれば、500万円以上は貯めている人が多いようです。

関連:自衛隊の給料は高卒の30歳で年収500万くらい。なので結婚も余裕で出来ます。

 

【自衛官の結婚式まとめ】

自衛官の結婚式【まとめ】費用や余興、儀礼服から新婚旅行まで…
自衛隊の結婚式と聞けば、特徴的な衣装(儀礼服)や、同僚たちによる変わった余興など、一般人からすると興味津々なことだらけですよね。 これから結婚して自衛官妻になる人から、自衛官との結婚に憧れている女性に向けて、自衛官との結婚式はどのよう...