【無料】花嫁募集中の自衛官と会いませんか?

自衛官の転勤・異動【まとめ】転勤頻度や引っ越し事情はどうなってるの?

転勤・引越

自衛官が避けて通れないのが「転勤」です。

自衛隊の場合は転勤を「転属・異動」とも言いますが、結婚していれば家族同伴で引っ越しをする必要があります。

転勤の頻度は早い人で1年。

遅い人は10年以上も同じ職場で働くこともあるんだとか。

 

自衛官妻ケイコ
自衛官妻ケイコ

私は自衛官の夫と結婚して今までに2回転勤をしています。

1回目は結婚して1年半たってから。

2回目は6年たってから転勤しました。

自衛隊の勤務地は全国に約260ヶ所もあります。

いつどんな場所へ転勤するかわからなくて不安ですよね?

転勤ともなれば子供も妻も、人間関係がリセットしたりと何かと大変です。

そこで今回は、少しでも転勤への不安を取り除けるよう、自衛隊の転勤・引っ越し事情についてお話します。

スポンサーリンク

自衛隊の転勤頻度は階級で変わる

自衛官の転勤スピードは階級によって違います。

全ての自衛官は転勤を最低1度は経験すると言われていて、多い人なら10回以上も転勤する場合もあるようです。

また、転勤の頻度ですが、2年で転勤していく人もいれば、ず~っと10年近く同じ場所で勤務する自衛官もいます。

また、階級によっても転勤のスパンは変わってきます。

同じ自衛官でも比較的転勤スピードが速いのが幹部自衛官です。

2年や3年で転勤をしていくい人は幹部自衛官がほとんどですね。

 

スポンサーリンク

幹部自衛官は転勤スピードが速い

幹部自衛官と呼ばれる人は色々な経験を積むために、日本全国各地を転々とします。

(詳しくは『幹部自衛官について知識を深めよう』をご覧ください)

 

幹部自衛官の場合は1~3年の頻度で転勤があります。

特に20代の若い幹部自衛官は、より早い頻度での転勤となるようです。

異動先への着任日に引っ越し作業が間に合わず、奥さんが後日家族を連れて追いかけてくるケースも良くみかけます。

 

スポンサーリンク

曹階級の自衛官は転勤は1、2回で済むことも

曹士階級の自衛官にも転勤はつきものですが、幹部自衛官よりもその頻度は少ない傾向があります。

約5年~10年の間に転勤が来るのですが、長い人だと10年以上も同じ場所で勤務することもあります。

その為、結婚してから2回ほどの転勤で済んだという人も多いようですね。

地元で十数年勤務し、転勤先で十数年、再び地元で十数年勤務し定年というパターンが一般的なようです。

もちろん上記のようなパターンばかりではありませんが、幹部自衛官よりは引っ越しの回数は少なくて済みます。

 

自衛官妻ケイコ
自衛官妻ケイコ

ちなみに転勤スピードが早い人は出世すると良く言われますが、自衛隊では転勤の速さより試験の成績がすべてです。

なので転勤の頻度が早いのには出世は関係ないですよ~

 

スポンサーリンク

異動先・転勤先を選ぶことはできるの?

自衛隊は全国約260ヶ所も勤務地があると冒頭でお伝えしました。

ここまで沢山転勤先があると「転勤先って選べるのかしら?」って気になりますよね?

 

全国約260ヶ所も勤務地があるなんて、選びたい放題ですよね。

結論から言うと、自衛隊では隊員の希望通りに転勤させることはほとんどありません。

部隊の都合、人員調整が最優先されますので、いきたくもない場所に転勤することもあります

なので

「地元出身地の駐屯地・基地がいいな」

「暖かい地方がいいな」

「東京近辺の県に住み続けたいな」

という希望はなかなか通りません。

それでも一応、毎年希望の転勤先は提出します

とはいえ、一応自衛隊では本人に希望の転勤先候補をヒアリングしています。

第一希望から第三希望まであって、それは自衛官本人が自由に決められます。

「奥さんの地元にしたい」

「定年後は海の近くに住みたいから沖縄で」

「交通の便がいい関東がいいな」

みたいな感じで希望先を決めています。

自衛官妻ケイコ
自衛官妻ケイコ

とはいっても本当に希望が叶うのは全自衛官の中でも少数です。

 

ちなみに幹部自衛官で希望どおりに転勤できたという人は、私の知る限りでは聞いたことがありません。

 

スポンサーリンク

自衛隊の転勤による引っ越し費用について

自衛官は全国転勤族ですから、引っ越し費用もかなりの金額になります。

一応、自衛隊でも引っ越しに関する手当はありますが、それでも足りずに自腹を切って不足分を補填することも多々あります。

特に遠くへ引っ越せばその分引っ越し費用も多額になります。

参考までに、300kmの距離で家族で引っ越しをすると、引っ越し費用は約35000円~800000円ほどかかります。

この金額が数年に1回ごとに出ていくわけですから、相当な痛手ですよね。

自衛官妻ケイコ
自衛官妻ケイコ

度重なる引っ越しのおかげで、引っ越し費用を安くするスキルを身に着ける自衛官妻はたくさんいます(笑)

 

スポンサーリンク

自衛隊の転勤先には官舎が必ずある!

自衛隊は福利厚生が整っているので、自衛官が転勤になったとしても住居だけは困らないように用意してくれています。

そう、自衛隊官舎です。

自衛隊官舎はたいていどこの駐屯地・基地にも必ず用意されています。

家賃も破格ですし、民間アパートのように敷金・礼金も必要ありません。

見知らぬ土地で何もわからないまま住む家を探さないといけないようなことはありません。

 

自衛官妻ケイコ
自衛官妻ケイコ

私も官舎住まいを経験しています。引越ししてすぐに入居できるのはありがたかったですね。

しかし、官舎も空きがないと入れません。

 

地方の官舎では周辺の民間アパートと対して家賃負担が変わらないので、煩わしい官舎づきあいを避けるためにアパートに住む人が多いです。

その為、地方では官舎は空いていることが多いです。

これが都会になると逆転します。

民間のアパート代が高くて自衛隊の給料では生活が苦しくなるので、官舎に入居しようとする人が増えます。

その為、東京の自衛隊官舎では入居待ちが常に出来ている状態だそうです。

 

スポンサーリンク

自衛隊では単身赴任しても2重生活の心配なし

通常普通の転勤族なら、単身赴任するとなると夫のアパート代と、妻や子供たちがある住居費用などで2重に生活費がかかります。

それが自衛隊では単身しても2重生活の負担は少ないんです。

 

その理由の一つが、自衛官ならではの特殊な単身赴任の形があります。

曹士階級の自衛官は基本的に駐屯地内で生活しなければなりません。

結婚し、家族と同居しなければならない場合など特別に許可を得て、外から通勤できるようになっています。

とこらが単身赴任となると、同居の必要がないので再び転勤先の駐屯地内で生活することになります。

当然駐屯地内では家賃は発生しませんし、食費や光熱費も無料です。

すると生活費が抑えられるので、単身赴任で経済的に困窮するということはないでしょう。

 

各家庭で転勤に対する考え方は様々ですが、自衛官の転勤は普通の会社員に比べても恵まれていると言えるでしょうね。

 

自衛隊の単身赴任事情については気がむいたら追記しますね

 

スポンサーリンク

転勤で子供を転校・転園させることについて

転勤ともなれば子供も妻も、人間関係がリセットしたりと何かと大変です。

家族同伴で引っ越しとなると場合によっては子供は転校・転園をしなくてはいけません。

子供がこれまでの学校や幼稚園から転校・転園になることに心配になる人も多いでしょう。

転校によっていじめられないか?

新しく友達は作れるか?

など悩みはつきないと思います。

実際私も子供の幼稚園を転園させた経験がありますが、子供は大人がおもっているより順応能力が高いです。

それに自衛隊の周囲の学校や幼稚園は、必然的に自衛官の子供が多くなります。

そのため、転勤による転校・転園は珍しいことではなく、子供たちもすんなり受け入れることが多いんです。

なので子供たちもママさんも、他の転勤族よりも早くその土地に馴染むことができるんですよ。

ただ、何度も転校させるのはかわいそうということで、子供がある程度大きくなったら夫には単身赴任をしてもらうとった家庭も多いですね。

 

スポンサーリンク

夫が転勤したら妻の仕事はどうなる?

自衛官の妻は専業主婦が多いとはいえ、仕事を持ってバリバリ働いいる人も少なくはありません。

実際に私も結婚して最初の転勤がくるまでは正社員として働いていました。

このように、夫の転勤をきっかけに妻が仕事を辞めて専業主婦になるというケースは多いですね。

妻が転勤先で新しい仕事を見つけられるかというと、パートやアルバイトであれば簡単にみつけることができます。

ただし、自衛隊の基地・駐屯地は基本的に人が少ない田舎にあることが多いです。

その為、アルバイト・パートもないという地域に引っ越せば仕事は見つけにくいですね。

特に派遣や正社員といった仕事は田舎の自衛隊に転勤になれば無理に等しいです。

逆に都会の自衛隊駐屯地・基地に転勤になった場合は、いろんな仕事が見つけられますよ!

 

自衛官妻ケイコ
自衛官妻ケイコ

最近では在宅ライターとして仕事をする人も多くなってきましたね。

田舎の駐屯地・基地に転勤してもネットを使って仕事をすることもできるので選択肢は色々ありますよ。

 

 

スポンサーリンク

自衛隊の転勤事情まとめ

自衛隊の転勤事情について紹介してきました。

 

転勤頻度については、幹部と曹でかなりの差があります。

幹部自衛官であれば転勤スピードは2~3年ごとというのは覚悟しておきましょう。

曹自衛官なら転勤スピードは3年~10年です。

 

ちなみに自衛官妻同士でお互いの夫の階級を探るときは、まず何年で転勤したのか?っていうのを聞きます。

それでだいたいどの階級かわかるようになってきます(笑)

 

自衛官妻ケイコ
自衛官妻ケイコ

転勤で官舎に住むようになると幹部も曹もごちゃまぜになるので、失礼の内容にお付き合いする奥さんの夫の階級は把握しておきたいものです。

 

転勤の内示はだいたい1ヶ月前ですが、内々示といわれる正式ではない転勤の知らせが大体2~3か月前にやってきます。

内々示がきたら即座に引越し業者を呼んで見積を取らせる自衛官妻も多いですよ~。

いつでも転勤できるように普段から荷物を増やさないようにしたり、引っ越しスキルを磨いて安く引っ越ししている自衛官妻もいます。

 

いつくるか分からない引っ越しのために、普段から引越について知識はつけておいた方がよいですよ!

安く賢く引っ越しできれば、妻としての評価も上がって夫からも感謝されるようになりますよ^^

 

 

「夫に転勤内示が出て引越しすることに!」

…と言っても、何から初めて何をしたらいいのか分からないですよね?

・上手な引越しのやり方は?
・少しでも引っ越し費用を安くするなら?
・節約上手な自衛官妻がやっている事とは?

引越し1か月前から当日までの間にやるべきことをまとめた「やることリスト」を公開中です。

少しでも安く、効率的に引越をしたい方はぜひご覧ください。

転勤・引越
スポンサーリンク

自衛隊婚活記事と広告

スポンサーリンク
自衛官と結婚!自衛隊員との婚活辞典