自衛官の定年後の年金は具体的にこれくらい。意外と多い?

シェアする


d5ca88a71d51fa0d33d686b9661bd21b_s

自衛官の定年後の年金額が気になるという人もいると思います。

これから自衛官と結婚を考えいてい人、すでに自衛官の妻となっている人…。

定年後の生活を考えるうえで、自衛官が貰える年金額はきになりますよね。

そこで今回は、自衛官が将来貰えるであろう年金の具体的な金額をご説明します。

スポンサーリンク

自衛官は共済年金と国民年金

自衛官は国家公務員ですから、共済年金に加入しています。

普通のサラリーマンですと厚生年金に加入していますよね。

さらに、両者とも国民年金にも加入しています。

国民年金とは20歳以上の人であれば誰でも加入する義務があります。

(学生や低収入などの理由により免除や猶予されることもあり)

自衛官は入隊したと同時に公務員になるので、共済年金と国民年金の両方に加入することになります。

この手続きは部隊の方でしてくれますので、確実に自衛官全員が加入しています。

給料明細には長期で記載されている

自衛官の給料明細には「短期」「長期」という項目があります。

この「長期」というのが「共済年金・国民年金」のことになります。

ちなみに「短期」というのは健康保険のことです。

自衛官の定年後の具体的な年金額

例えば、高校卒業後19歳から54歳まで自衛隊で働いていたとします。

【定年時条件】
定年階級

勤続年数

曹長

19歳~54歳の420か月

専業主婦

上記の条件に加え、年金が支給されるまでの6年間は再就職先で年金を納めなければいけません。

再就職しなかった場合でも国民年金は納めなければならないので要注意です。

この場合で貰える年金額は、年間約300万円と言われています。

妻がずっと専業主婦だった場合は夫婦二人で年間約300万円です。

月額約25万円ですね。

既に持家でローン完済済み、子供も自立済み、というわけなら2人でこの金額でもなんとかなりそうです。

自衛官の年金はあてにならない?

現在の制度でいけば、年約300万円の年金支給が望めますが、将来これより増えることは考えにくいです。

現在20代~30代の自衛官であれば、さらに年金支給額は減っているかもしれません。

その為に、現役のころからしっかり貯金をすることが大切です。

早めにローンを組んで家を購入する人もいますし、子供の教育資金も学資保険などで確保する人が多いです。

定年の早い夫のために、妻も仕事を持つ人が増えています。

自衛官は国家公務員ですが、だからといって年金をあてにしない方が良いかもしれませんね。

【関連】

⇒ 自衛官の定年後…再就職の仕事はどんなものがあるの?

⇒ 自衛官と結婚するデメリットとは。定年、災害派遣、転勤…

⇒ 自衛官30歳の年収は約500万円。高卒勤務でもこれくらいあれば結婚できそう?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

自衛官との婚活サービスランキング


みんなに読まれている記事

無料で始める自衛官との婚活

【NOZZE(ノッツェ)】結婚情報サイト【NOZZE(ノッツェ)】自衛官も使う結婚相手紹介サービス。入会しなくてもパートナー紹介は無料です。 【無料診断】無料パートナー紹介で理想の結婚相手を探す!
スポンサーリンク